COME BACK ANYTIME - A feature documentary

81 minutes  |  Japanese  |  Color and B&W  |  UHD 3840 x 2160

独学のラーメン達人、植田正基の1年に密着。人懐っこい大将が昔ながらのラーメンを、根っからのファンに40年以上作り続けるびぜん亭(東京都千代田区)店内の様子は郷愁たっぷり。日本各地の田舎を、常連と共にめぐる週末の旅にも同行。竹の子狩り梨農家の収穫の手伝い、自然薯掘りなど外遊びも、食にまつわるものばかり。“収穫”はお店にも還元されて……。小さなラーメン店とそこに集う人々、そして旬の食材が織りなすヒューマン&フード・ドキュメンタリー。

Masamoto Ueda
Masamoto Ueda

Ramen master Masamoto Ueda smiles at something off camera in a shot from the film, Come Back Anytime.

press to zoom
Masamoto Ueda cooks
Masamoto Ueda cooks

Ramen master Masamoto Ueda works in his ramen shop kitchen, slicing green onions in a shot from the film, Come Back Anytime.

press to zoom
Masamoto Ueda before a camp fire
Masamoto Ueda before a camp fire

Ramen master Masamoto Ueda sits on a stump in a lean-to and holds a large wild mountain yam over a campfire flame while a friend looks on.

press to zoom
Masamoto Ueda
Masamoto Ueda

Ramen master Masamoto Ueda smiles at something off camera in a shot from the film, Come Back Anytime.

press to zoom
1/10

植田正基

Takashi Tanaka gestures with his hand while speaking to an off camera interviewer

ミュージシャン。ロックバンド、サニーデイ・サービスのベーシスト。1994年にメジャーデビュー。国内外多くのアーティストのライブサポート、レコーディングセッション、プロデュースでも活躍する。ツアーで全国をめぐる最中の食べ歩きでラーメンの魅力にハマり、今では年間500~600杯を食す。CSフジのTV番組「ラーメンWalker TV2」でメインMCを務めるほか、雑誌連載など、ラーメン愛好家としても幅広く活動中。びぜん亭初訪問は20年以上前。本作では日本のラーメンの歴史や、びぜん亭と大将の魅力について語っている。

  • Instagram link
  • Twitter link
  • facebook-3-32
  • Spotify
  • Apple Music

田中貴

ジョン・ダッシュバック

監督・撮影・編集

 

東京を拠点に活動。長編デビュー作「BRIEF REUNION」(ジョエル・デ・ラ・フエンテ、スコット・シェパード、アレクシー・ギルモア主演)はアメリカで劇場公開され、現在VOD、DVDで配信中。手掛けた短編作品は世界中の映画祭、映画館、TVで上映された。ベン・シャンクマン、ティナ・ホルムズ主演の短編「WAKING DREAMS」は、TLA ReleasingのDVDコレクション「Celebrity Mix」に収録、発売されている。

  • IG_yellow
  • twitter-32

監督より

 

日本初作品、初ドキュメンタリー、初撮影担当など、この映画は私にとって初めてづくしとなります。びぜん亭大将と女将、常連さんたちと一緒に多くの時間を店内で過ごせただけでなく、休日の食にまつわる冒険にもご一緒させてもらえたことは、この上ない喜びでした。私が撮影を楽しんだように、この映画を見てみなさんに楽しんでいただけたらと心から願っています!

 

ジョン・ダッシュバック

Come Back Anytime producer, Wataru Yamamoto smiles for the camera while standing behind the counter with ramen master Masamoto Ueda

山本航
プロデューサー・通訳

 

フリーランスのライター、編集者、通訳、翻訳者。前職は、東京の「AERA ENGLISH」編集者、ニューヨークの「U.S. FRONTLINE NEWS」(北米で最も広く読まれている日本語専門誌)の編集者。ライターとしてマーク・ハミル、ケン・ローチ、フランソワ・オゾン、ライアン・ジョンソン、黒沢清、岩井俊二、リュック・ジャケ、オドレイ・トトゥ、トニー・レオン、香川京子、クリストファー・ドイル、タムリン・トミタ、サラ・ウェイン・キャリーズ、ニック・ケイヴ、リサ・ローブ、ジェイク・シマブクロなどにインタビューを行っている。

  • IG_yellow
  • twitter-32